精研工業のスタッフブログ

スタッフの日常2020/07/27

建築吉日

梅雨明けが待ち遠しいこの頃、皆様いかがお過ごしでしょうか。

4日間の連休、体力温存、気力も充電出来ましたでしょうか?

 

いま問題になっているGo Toキャンペーン、、、

過剰な自粛もやめるべきとは思いますがワクチンが、、。

 

「一人は皆んなの為に」の心を忘れずに。

 

 

さてさて。

工場の増築工事が始まりました!

 

本日7月27日は建築吉日。

 

まず吉日と聞いて私たちが思い浮かべるのは【六曜】ですよね。

先勝→友引→先負→仏滅→大安→赤口の順に並びます。

 

この六曜の他に【十二直】(じゅうにちょく)

 

「十二直」の直は“当たる”という意味があり、北斗七星の動きを

吉凶判断に用い十二支による方位と組み合わせて割り当てしてい

ます。十二直は下の12の漢字があてられています。

 

建(たつ)除(のぞく)満(みつ)平(たいら)定(さだん)

執(とる)破(やぶる)危(あやぶ)成(なる)納(おさん)

開(ひらく)閉(とづ)

 

この十二直の中で、建築で良いとされているのが【建築吉日】

の以下6つ。

 

・建(たつ)「万物を建て生じる日」の意味。建築関係では

最吉日とされています。但し土を動かすような事柄や蔵開き

には凶とされる日です。

 

・満(みつ)「全てが満たされる日」の意味。地固め、柱建て

移転、祝い事などは吉ですが土を動かすような事柄は凶

とされる日です。

 

・平(たいら)「物事が平らになる日」の意味。地固め、柱立て

祝いごとすべて円満。穴掘りは凶とされています。

 

・定(さだん)「善悪が定まる日」の意味。建築、移転などは吉

とされている日で、樹木の植替えなどには凶とされてます。

 

・成(なる)「物事が成就する日」の意味。建築や新規に物事を

始めるのに吉とされる日。訴訟や談判事などをするには凶

とされています。

 

・開(ひらく)「開き通じる日」の意味。建築や移転などはすべて

吉とされる日。葬式など不浄事をするには凶とされています。

 

この建築吉日は六曜とは異なる基準になりますので 大安であっても

建築には良くない日があったり仏滅でも建築吉日に当たっていたり

します。

 

さて。本日は待ちに待った建て方工事。

普段なかなか見ることのできないクレーンを使用した梁を渡す

ダイナミックな場面そこで活躍する職人さんの仕事。

鉄骨鳶さんの見事な仕事で、建て方が順調に進んでます。

 

 

蒸し暑い中、職人さん、監督さん本当にお疲れ様です。

 

 

 

工場は高さがあり、効率的で作業しやすい設計になります

大きなタンクの組付け作業などがスムーズに出来そうですね!

 

ゼロから新しい建物ができていくのはとても見応えがあります!

想い描いた理想の建物がカタチとして現れる日、完成が楽しみです。

 

精研工業『明るく元気に』

笑顔でのスタートです。

 

「ツイッター マ...」の画像検索結果 精研工業twitter

 


PAGE TOP