精研工業のスタッフブログ

Category Archives:  スタッフの日常  の記事一覧

スタッフの日常2021/04/19

お楽しみ、、、

おはようございます。

昨日は風も強く、雨も降り寒い一日だったんです

が今日はお日様も覗き晴れの天気!

一週間の始めは、やっぱりはれていた方がちょっとテンションあがりませんか??

 

さて、今日はお楽しみのお昼が!!

コロナ禍で会食出来ない今、社長から本日、お昼のプレゼント(^^♪

金沢市 大友楼(加賀藩の料理人だったんですよ)さんのお弁当—-。

 

 

本当にありがとうございました。ごちそうさまでした。

各自の席での食事ですが、同じものを食する「共食」

みなで、””おいしいね””と語り合える職場に感謝です。

 

コロナ、、、まだまだ先が見えない状況ではあります。

収束の兆しが見えない状況です。こんな時だこそ新商品を!!

新聞の広告に出させていただきました。新型オクルーノもうすぐ新発売です。

もうすぐカタログも出来上がります。最終段階の詰めに入りました。

もうしばらくでカタログのお届けが出来ると思います。

お楽しみにお待ちくださいね(^^♪

 

 

 

体、頭、心 動かす仕事をモットーに。

精研工業『明るく元気に。』笑顔でのスタートです。

 

 

スタッフの日常2021/04/14

第240回 精研俳句の会( ..)φ

皆さんおはようございます。。精研俳句の会 事務局です!!
ブログにご訪問頂き、ありがとうございます。
コロナ禍となり、毎日検温をされている方も多いと思います。
突然ですが体温計のデジタル音、聞き取りにくくはないですか?
我が家の父も、音が聞こえず、永遠と脇に挟んでいる事しばしば・・・ 😥 
これは耳の老化現象によるものだそう。
こればかりは鍛えても、訓練してもどうにもならないそう。
いろいろ調べてみると、やはり同じお悩みの方もいらっしゃるのか
振動式の体温計や、デジタル音ではなくメロディーがなるもの等
工夫されているものが販売されていました!
体温を測るのが日課の父にプレゼントしたいと思います 😮 
それでは、今週の作品をお楽しみください(^^)/

 

 

 

風に乗り

四季を届ける

花と蝶

作:照一

 

春夏秋冬、日本の四季。

心を閉ざす寒さが明け、待ちに待った春麗ら。

温もり感じる春風に乗って何処から来たのか蝶が2.3羽(?)か

2.3匹と言うのか、定かではないが、のどかにひらり、ゆらりと

舞い踊る。

少し離れた道端に、可憐に咲く花2.3輪。

まるで「ここに来て美味しい蜜を吸いにおいで」と

春を呼んでいそう。楽しもう春を。

 

 

 

 

 

仰ぎ見る

桜 さくら

桜 さくら

作:照一

 

 

 

季節は三月下旬、当地金沢は桜が謳歌真っ盛り。

視線空眺めれば、前後左右辺り一面ピンクのじゅうたんの展覧会の如し。

今年のコロナ下では、心浮き浮きもはしゃぐことも一寸ままならず

上品な淡い桃色に似せて、心静かに散策も乙な事か。

 

 

 

あるある!と納得する俳句から、 クスッと笑える川柳まで。
皆さんの隙間時間にお楽しみいただけるよう毎週更新いたします!

それではまた来週、お楽しみに~ 😆

スタッフの日常2021/04/12

4月

おはようございます。

4月に入りました、、、あっという間に今日は12日。

先週は入学式の学校も多かったのでしょうか?

 

保育園、小学校は行事が無くなり、大学生はコロナ禍でオンライン授業が

増えている現状「期待と不安」、、、。

どうすれば、このコロナ禍を抜け出せるのでしょうか、、、。

早く普通の生活に戻りたいですね。

 

今年は暖かく田んぼも入水され今年は田植えが早いのでしょうか??

会社の玄関も早々五月人形を出しました。

 

先日、親戚より初節句のちまき、柏餅が届きました。

柏餅を食べる風習は日本独自のものだそうです。

 

柏は、新芽が出るまで古い葉が落ちないことから「家系が絶えない」縁起物

として広まっていったそうです。

 

未来ある子供達の為に早くコロナの終息を願います。

 

今週も頑張って行きましょう。

 

 

、頭、心 動かす仕事をモットーに。

精研工業『明るく元気に。』笑顔でのスタートです。

 

 

 

スタッフの日常2021/04/07

第239回 精研俳句の会( ..)φ

皆さんこんにちは。精研俳句の会 事務局です!!
ブログにご訪問頂き、ありがとうございます。

入学式シーズンですね!

桜咲く中での入学式は素敵でしょう🌸🌸

新一年生の小さい背中に大きなランドセルが並ぶ姿は、想像するだけでウキウキしますね。

それでは、今週の作品をお楽しみください!

 

 

 

船出いま

人生揚々

我が春よ

作:照一

 

 

うぐいすの

音痴な唄も

初舞台

作:照一

 

うぐいすにまつわるウンチクをひとつ。

うぐいすにも人間と同じで歌が得意ではない個体もいます。

私も今年に入り、数回鳴き声を聞きましたが、微妙に音程がズレているのもありました(笑)

説のひとつには親の鳴き方が下手なことが原因となることもあるそう。

つまり、親の鳴き声がお手本ということですね!

人間も初めから上手にできる人はほとんどいません。

ちょっとくらい下手な鳴き声のうぐいすがいても、優しく見守ってあげましょう 😆

 

 

 

あるある!と納得する俳句から、 クスッと笑える川柳まで。
皆さんの隙間時間にお楽しみいただけるよう毎週更新いたします!

それではまた来週、お楽しみに~ 😆

スタッフの日常2021/03/31

第238回精研俳句の会( ..)φ

皆さんこんにちは。精研俳句の会 事務局です!!
ブログにご訪問頂き、ありがとうございます。
明日は4月1日、エイプリルフールですね。
【罪のないいたずらや嘘で笑わせても良い】という習慣だそうです。
日本でも面白い記事やニュースで話題になりますよね!
あくまでユーモアの日です。
相手を不快にしないように、笑顔溢れる日になると良いですね!
それでは今週のは3作品をご紹介いたします、お楽しみくださいませ(^^)/

 

 

 

 

衣装替え

クローゼット中も

春の息

作:照一

 

 

 

春に遊

水鳥助走

波の上

作:照一

 

 

猫の恋

鳴きが聞こえし

納屋の奥

作:照一

 

 


人の力では教える事の出来ないドラマの始まり。
春めくこの季節、生きる者(物)へ皆全て、恋しくもいとおしくも
誘い合い営みが始まるのがこの時期。
静かなる植物は地から芽吹き、花を咲かせ、動く生き者(物)全て
声を出し誘い合いはしゃぎ合い春を謳歌する。
身の廻り見える全てに幸せあれと思うのは私だけだろうか。

 

 

 

あるある!と納得する俳句から、 クスッと笑える川柳まで。
皆さんの隙間時間にお楽しみいただけるよう毎週更新いたします!

それではまた来週、お楽しみに~ 😆

スタッフの日常2021/03/31

穴場スポット

おはようございます!!

イイ天気です。桜が満開となりました(*’▽’)

工場へ行く坂道がとても綺麗です。

 

 

石川県鋳鍛工業団地の中に精研第一工場があります。

工場裏に宇気塚越古墳群、前方後方墳1・方墳2・円墳2の計5基あったそう

ですが現在1号墳は遺跡として整備され残され、ここも又、穴場スポット!!

(実は、社長に教えてもらった穴場スボットです(^^♪)

 

 

 

みなさん、サクラの名前の由来をご存知ですか?

所説は色々あるようですが、、。

所説の一つにお米に関わるお話がありました。

 

昔から山の神様が春になると桜に宿り、里に下りてきて田植えが

終わるまで滞在していたといわれています。

 

山の神様が里に下りることを「さおり」といい、田植えが終わって

神様が山に帰ることを「さのぼり」というそうです。

 

「サ」 は「サ神」を表しており、これは「サの神様」

「クラ」は神のおやすみされる御座(みくら)のことで、このふたつの

言葉を合わせて「さくら」になったという説があるそうですよ。

 

桜の言葉も、さらに深く知れば知るほど興味深いものですね。

 

 

今週も頑張って行きましょう。

体、頭、心 動かす仕事をモットーに。

精研工業『明るく元気に。』笑顔でのスタートです。

スタッフの日常2021/03/24

第237回 精研俳句の会( ..)φ

皆さんこんにちは。精研俳句の会 事務局です!!
ブログにご訪問頂き、ありがとうございます。
卒業式シーズンです。このコロナ禍でも感染対策を工夫した
卒業式をされた学校も多いのではないでしょうか。
コロナウイルスに翻弄された学生生活。
それでも門出に向かう卒業生達は、このコロナ禍での経験を活かして
新たな道へ希望をもって歩んで欲しいと思います。

それでは今週は卒業にちなんだ2作品をどうぞ!

 

 

我れ握る

卒業証書

世に一つ

作:照一

 

 

 

 

卒業で

学ラン着納め

照れ笑い

作:照一

 

卒業式、今日で最後になる制服に袖を通す時の表情。

少し寂しそうな、でも充実した笑顔があふれる様子が目に浮かびます。

思い出がたくさん詰まった学生生活を振り返りながら、希望或る未来へ

向かって頑張ってください!

 

 

 

 

あるある!と納得する俳句から、 クスッと笑える川柳まで。
皆さんの隙間時間にお楽しみいただけるよう毎週更新いたします!

それではまた来週、お楽しみに~ 😆

 

スタッフの日常2021/03/23

解除

おはようございます。

冬の数か月間、彩のない閉ざされた季節から、待ちに待った季節 ”春” !

関東では桜が満開とのニュースが!

今年の桜は全国的に平年より早い開花だそうですね。

 

緊急事態宣言も解除されましたね。

これを受けて気持ちが緩んでしまい感染対策が不十分となると感染者数が

増加してしまい再度緊急事態宣言が発令される恐れがありますよね。

 

けど、一年経過し、結局、何んにも変わっていなかったなと。

 

緊急事態、、、なんだったんでしょうか、、。

 

緊急事態が解除され、人の動きが出ると、陽性者が増え、又 宣言が

だされてと、同じ事の繰り返しが続いているのではと、、、。

 

急事態宣言は、コロナにとっては効果ゼロ。

国民生活マイナス。

経済大幅マイナス。

 

私達の関心はワクチンに移っているのですが、、、。

引き続き、手洗い、消毒、マスク、うがいを続けましょう!

 

 

医療崩壊を防ぐ為の緊急事態宣言。

態勢が整ってきた現在今後の緊急事態宣言があるのかな???

早く、明るい話題が欲しいですね!!

 

今週も頑張って行きましょう。

体、頭、心 動かす仕事をモットーに。

精研工業『明るく元気に』

笑顔でのスタートです。

スタッフの日常2021/03/17

第236回 精研俳句の会( ..)φ

皆さんこんにちは。精研俳句の会 事務局です!!
ブログにご訪問頂き、ありがとうございます。

暖かくなりましたね!

くしゃみや鼻水、目のかゆみで春の訪れを

感じている方も多いのではないでしょうか?

散歩中ふと、桜の木を見ると

可愛いらしいつぼみがチラホラ!

桜の開花宣言が出ている地域もあるようです。

密を避けながらお団子片手にお花見できる日もそろそろですよ!

それでは今週の作品をどうぞ!

 

 

 

 

 

麦踏みは

地の中 起こす

ノックかな

作:照一

 

 

三寒四温、少しずつ温もり感じる日々。

一昔前だったら「もう春だよ」と、地に眠る動や静の自然の生き者(物)達に

季節を知らせる麦踏み作業が始まる頃。

農作業の形態も変わり今般は見たくても見られない麦踏み。

想像の域だが、その昔地の中に「じっ~と」春の待つ幼な虫や七草等は

その足音を聞きながら地の上へ顔を出していたと思んばかる。

麦踏みの無くなった今の時代、何を感じ地の上へ顔を見せるのだろう?

自然の生き物達よ。

 

 

 

あるある!と納得する俳句から、 クスッと笑える川柳まで。
皆さんの隙間時間にお楽しみいただけるよう毎週更新いたします!

それではまた来週、お楽しみに~ 😆

 

スタッフの日常2021/03/15

3月15日

おはようございます。

暖かくなりましたね!

ポカポカ天気の週末、フラフラと山に出かけて来ました。

木の枝には芽が春の開花を待って息づいていました。

少しずつ膨らんでゆく花芽自然の力強さを感じます。

 

 

日本古来の自然のリズム、二十四節気と、5日でめぐる日本の季節

七十二候3月15日は啓蟄の末候「菜虫化蝶」「なむしちょうとなる」

読んで、青虫が蝶になる季節としています。

菜虫は青虫のこと。青虫がさなぎから羽化して蝶になる季節です。

本格的な春の到来ですね。

確かに春になったと感動します。自然の営みに感謝ですね。


春の陽気、密を避けての春探し
草花の変化、旬の食材の美味しさ

四季やそのすばらしさを感じ五感を感じ美しいものや良いものに
感動する、フッとした時間を過ごすのも楽しいですね。

 

 

今週も頑張って行きましょう。

体、頭、心 動かす仕事をモットーに。

精研工業『明るく元気に』

笑顔でのスタートです。



PAGE TOP