精研工業のスタッフブログ

Category Archives:  社長の日常  の記事一覧

社長の日常2022/08/08

感謝の気持ちを忘れずに

おはようございます。

先週、小松市の梯川が豪雨の為 氾濫し多く方々が被害を受け

大変な思いをし元の生活に戻る為に復旧作業に涙し、汗をかきながら

の日々です。

天災で台風や地震、水害等で営々として築き上げて来た生活の基盤

が覆され、財産などが一瞬にし奪われてしまう。

こんな、惨い事が起きる事が現実です。

 

こんな事がわが身に起きたらみなさんどうしましょう?

 

それこそ、日々わが身に何も起きないことに「感謝」の気持ちを

心しながら、仕事に油断なく研鑽し、事なきように過ごしてください。

 

なにも異変が起こらない日々に”ありがとう”の気持ちを忘れないように。

決して安閑とした日々を過ごす事のないように。

社長の日常2022/04/05

五感

おはようございます。

 

 

 

野に山に地までもが春爛漫。

視、聴、嗅、味、触の五感を一度に感じられる そんな季節が春夏秋冬

四季の中でもこの春だけではなかろうか。

 

何かにつけて情報過多な環境下にある現代人。

気がつかないうちにストレスが溜まり脳が疲れ果てる事もしばしばなのでは。

 

そのような今時、ストレス解消法に五感を刺激すると良いと言われています。

ふっと、我に帰って見る事も素晴らしいかも、、。

 

 

社長の日常2022/01/05

新春

明けましておめでとうございます。

 

   

     いつの世も   

 

          幸せ願う

 

              年はじめ

 

令和4年、新しい年が明けました。

今年も又色々な出来事のスタートです。

一人一人の気持ちの持ちようで一日が楽しくも辛くもなります。

日々の積み重ね、どうせなら一日が楽しや、楽しやと、そして

幸せを願い明るく心が躍るそんな一年になりますように。

 

 

社長の日常2021/11/29

師走

おはようございます。

気が付けば今週より師走。

 

12月に入りこの時期今年を振り返りどんな年だったんだろう?

とか、皆さんそれぞれに思う時節ですね。

 

事の良し悪し、色々な判断のあてどころがあると思います。

まずは会社からの面、個人的からの面から特別大過なくこうして

生活の営みが出来ている事。この事は素直に喜びあって感謝の意を

皆が忘れない事。

 

ただ、その中で特に忘れてはならない事があります。

人間は考えも無く衝動に走り、只行動する動物とは違います。

「人間とは....」

物事を考える力、挑戦する力、行動を起こす力、理性を働かせながら

皆と協調する力、そこから生まれる無限の力を持ち合わせいます。

 

 

 

現状に満足する事無く、来たる新しい年へに新しい挑戦を始める

「気概」を忘れてはなりません。

それが人間と言われる所以(ゆえん)なのでは。

 

 

 

 

 

 

社長の日常2021/11/01

今年も泣いても笑ってもあと2ケ月

昨年から続いた新型コロナ感染で昨年の3月頃から始まり、ここに来て

コロナワクチン接種効果で感染状況も沈静化が見え始め、何となく世の中

全般が落ち着きが見え隠れてる時期かと思います。

 

目に見えない新型コロナと言う魔物に翻弄され続けた(未だ完全な終息に

は至ってはいませんが)約1年半の間、我達  いや、それ以上に泣きに泣いて

息苦しくも辛い間を過ごされた方々数知れず、、、。

 

一人ひとりの努力と辛抱でようやく出口が見えつつも油断大敵、この先も

尚一層る事はる」を対策しながら、今年もあと2ケ月、笑み

を忘れた感じがする中で明るく笑みを取り戻す、そんな生活空間になれば良いですね。

 

そしてその事を繋げ、新しい年を迎えられるそんな2ケ月にしたいでね。

 

 

 

社長の日常2021/08/17

お盆

おはようございます。

お盆も過ぎました。

皆さん改めて「お盆」とはを一寸振り返ってみませんか?

 

時として、何気なく過ごす日々の中、私も年を重ね気がつけば72才、今では大昔

幼少期の頃、顧みれば私の父や祖父の事を思い起こせば農作業に行く時、私を背負

いそうでなければ夕方まで留守番で川べりで歌を口ずさみ親の帰りを待ち、夜の団

らんと言えば現代とは違いテレビ等あるはずも無く只々、薪燃え燻る囲炉裏端で親

の膝に座り抱かれ薪のパチパチ音を耳にしながら温もりを感じての日々を過ごして

いた幼少の頃。

 

何の代わり映えない日々であったがそんな中にも家族と一緒、家族を待つ、家族と

過ごすその楽しみ、温もりを感じての日々。

72才になっても忘れない思い出。

 

 

そんな幼少期の頃を育ててくれた父や母、そして祖父母の幼少の頃の

過ごしは、、、?

と言うと知るすべもあろうはずも無い。

 

今を生きる自分の身、それこそ当たり前の事ながら自分を自分で育て

たものではなく祖先の繋ぎである事に感謝しながら、今繋げている

子供や孫たちが私と同じ年頃になった時に私の祖先や祖父はと思い

出を語れる大人になり恥じることの無い歩をと思う者である。

たわいもない事かも知れないがこんな事を想い繋げていく時がお盆で

はなかろうか。

 

今一度 心清める お盆どき

孫の手にぎり 座す 墓前なり

 

 

 

社長の日常2021/01/05

笑顔

皆さま、

明けましておめでとうございます。

本日より仕事の一年がはじまります。

振り返れば昨年はコロナ問題で一年間重ぐるしい年でした。

 

生活にしろ、仕事にしろ、それに対応する為に数々の事を学びました。

今年は、この学んだ事を教訓にまずは穏やかで安心して過ごせる為に

守るべき事は守り、笑いのある日々になるよう頑張りましょう。

又、今年は特に顔晴って笑いの場を作りましょう。

 

笑う事は皆さんそれぞれに「貴方を受け入れる」って言う事だと思います。

笑いの場には人が集まります。笑みがあれば職場の風通しも和らぎ

一寸した難題も前向き思考な知恵も必ず生まれます。

 

その上で、まずは やれば出来る!!  の一年に。

 

 

 

社長の日常2020/08/17

秋の気配は空から

 

 

 

 

 

おはようございます。

お盆前後のこの時季、木立を見上げれば過ぎゆく夏を惜しむが

如し蜩が、そして一寸、路傍足元、耳を澄ませば秋の出番を待つ

子役、虫たちが喉鳴らしの練習の始まり。

 

惜しみゆく夏に鳴き、秋本番前の準備に鳴く事だけの短し一生の

仕事に我々は耳を澄まし、その澄がしさに心を洗わされる。

小さな生き物に時として大きな感動を覚える事にありがとう。

 

こんな小さな私達、短い命を一生懸命に生きています。

こんな事を思うとき、自然界で一番賢い生き物、あなた達人間

は自然界より何を享受し、何を返せばより楽しく住み心地の良い

世になるのでしょう。

と、虫の音がそっと囁き、我々人間に問い掛けているようにも。

今年は、コロナと言う魔物との付き合いはこの先も続きそう。

 

慣れという油断は禁物です。

一人一人体調管理をしっかりと。

互いに気遣いをしながら勤めを果たしてください。

 

 

 

 

 

 

 

 

社長の日常2020/08/03

もう一度、基本に。

おはようございます。

年明けて立春(2月4日頃)、清明(4月5日頃)、夏至(6月21日頃)

そして大暑(7月23日頃)、立秋(8月8日頃)と世の動き不測の事態

 

(例えば今を悩ますコロナ感染)に何が起きようと季節は問題なく

移り変わって行きます。

気が付けばもう8月(葉月)、春先よりコロナに世界中が振り回され

乍らの真っただ中、人間の英知を持って一日も早くこの自然界の

難敵を撃破する、言うまでもなくワクチンや治療薬の開発が待たれ

ているところです。

 

我々(?)、いやいや凡人な私に出来る事はやはり基本は、この先

もきっちり「3密」を実行し、手洗い消毒、マスクの着用を

する事。この基本につきると思います。

 

皆さん、辛抱強く、見えぬ敵と戦って行きましょう。

平穏で安心して過ごせる日まで。

 

 

 

 

社長の日常2020/06/22

頑張ろう!

おはようございます。

コロナ感染も終息までは行ってないまでも少し落ち着いてはいますが

中休み?といったところで油断大敵です。

 

少し自粛解除はされ、県外の往来も行き来しやすくはなり、仕事の

流れもついて史上最悪に落ち込んでいる経済も一日も早く上向きに

なる事を希望するのは皆同じだと思います。

 

県内企業も正しく週に3日位の仕事量にも満たない、逆な言い方を

すれば週休3日、4日の企業がたくさんあります。

 

常日頃より「昨日と同じ気持ちで今朝の出勤を迎えて欲しくない」。

昨日の良し悪しをしっかり反省し、その悪しの部分を1つでも、2つでも

良しとする目標や意気込みを持って気持ちを前に出して我が家の玄関

を出る時は「いってきます!!」と声を出し、会社へ着いたら皆と一緒に

「おはようございます!!」と声を出し合い気持ちを合わせてください。

夕には「おやすみ」と。声を出す。

 

何か障害があり、その壁に突き当たってから悩み迷っても何も生まれません。

平常時、一寸とした難しい事でも「出来ない」と言う言葉より、それを出来る

ようにするにはどうする?

その為に挑戦する気持ちと、行動力、その力を抱いて毎日会社へ出勤してください。

 

世の中「生と死」があります。「会社にも生と死があります」

究極を言えば会社を生かすも殺すも皆さんの力の有り無しで決まります。

 

今回、このコロナウイルス問題の障害があるように思わぬ出来事が

いつ又、打ち寄せてくるかわかりません。

その為には皆さんの力を蓄えて置く必要があります。

 

頑張ってても「運」が付かない人もいますが、頑張らない人には「運」が

付くはずもありません。だったら「運」を迎えるよう頑張りましょう。

 

 

 

 

 

 

 



PAGE TOP