精研工業のスタッフブログ

Category Archives:  社長の日常  の記事一覧

社長の日常2019/10/16

現在・過去・未来

おはようございます。

大型で猛烈な台風19号の通過で関東甲信越地方で豪雨、河川の氾濫、住宅への

浸水、倒壊、流失はたは又、生活の糧となる田畑への被害をこうむり途方に

暮れる皆さんへまずお見舞いの気持ちを捧げたい。

 

と思えば、先週おめでたい出来事があった事を皆さんは忘れてはいないでしょうか?

今年のノーベル化学賞に吉野彰さん(71歳)が受賞した事。

 

知るも知る。吉野さんは旭化成株式会社名誉フェローと言う立場で研究一筋、今は

スマートフォン等に使用されるリチュームイオン電池の実用化に貢献された方で、その

成果はスマホのみならず電気自動車のバッテリー等に使用されています。

 

頻繁に発生する災害。それに伴う停電の発生が生活を狂わす現代社会でリチューム

電池を載せた電気自動車は平常時の夜に40KW~60KWに充電され家の停電時には

車から家へ戻し普段の生活より少し控えめに消費すれば3~4日間ぐらいは支障なく

生活ができるとの事。

(※一般家庭での一日あたりの使用電力量を約12kWh/日とした試算値。)

 

 

 

 

 

すばらしい発明、開発者ですね。

 

この世は天変地異が生じ、辛く、苦しく、悲しい事もあれば吉野さんのように夢

を夢で終わらすことなく、現実にしこの先の生活を楽しく豊かにしてくれる知恵者

がたくさんいます。人生いろいろ!!喜怒哀楽あるのは当たり前。

どうせ過ごす今日この日、そして迎える明日を「ポジティブ」に。

いつも楽観的に物事をとらえ、「どんな事でもきっと良い方に向かっていくだろう。」

と思う人。「私はもう70歳」「いやいや私はまだ70歳」そんな気概を忘れない人で

ありたいものである。

 

 

 

 

さて、吉野さんという方は後輩の人たちに「現在・過去・未来」と言う言葉を事ある

ごとに言われると後輩の方がインタビューを受け話していました。

 

はてはて、この「現在・過去・未来」という言葉、何だか人によっては簡単にも、難

しくも色んな意味に解釈出来るかも。

 

 

とっても意味深な言葉かも。

 

吉野さんの神のような方の言葉、私の凡人には奥深い意味が分かるはずも無いが

少し時を掛けて思慮してみよう。

 

さあ、皆さん、今日この日を動かしてください。

 

 

 

 

 

社長の日常2019/08/26

感涙

 

 

浜風が 嬉し 悔しの

感涙を 共に流して

夏幕降ろし

 

 

 

 

 

毎年の事ながら、夏の甲子園 高校野球選手権大会の一試合一試合に喜ぶ球児。

悔し涙と汗を共に砂袋に詰める球児達。

その球児達に永い永い人生の中の小さな一ページ、筋書きのない感動のドラマ

を見せてくれてありがとうと言いたい。

勝っても負けてもその思いを人生の糧として、これからの本当に永い永い人と

しての道をしっかりと急がず慌てず歩いて行ってほしい。

 

高校野球をテレビ観戦しながらエールを送っていた私でした。

老いも若きも何かにつけて挑む、挑戦する目標を持つ事はすばらしい事とあら

ためて感じました。さてお盆も過ぎ気温も少し下がり身体の持ち方も楽になり

ましたね。慌てず、ミスのない仕事が出来るそんな落ち着いた季節になりました。

一人一人が手を組、大きな仕事に挑戦していきましょう。

 

社長の日常2019/05/07

平成より令和へ

人生80年、90年と長寿化の時代と言えども

元号の変わり目に合う事は一度か、二度しか無い人が殆どの

この人生。

 

それ程稀な節目ら出会えた事、そしてこれから各々が何かの節目

に出会える度に平穏無事ならばその事に、感謝の思いを忘れる事

なく社会に貢献出来る素晴らしい人になれたらよいですね。

 

 

いつも思います、、、。

 

 

昨日より今日

今日より明日へ

前を見て

一歩前へ、一段上へ!!

 

 

春爛漫、今年の桜の時期も過ぎましたが人の心にはいつでも花を咲かせる

事が出来ます。

目には見えない心の花を綺麗に咲かせ、影となり日向となり日々過ごせますように。

 

 

 

社長の日常2019/04/01

入社式

 

 

おはようの言葉ひとつで 心解ぐ。

 

さて、当社も新社会人となる希望と不安を胸に入社となる

18歳の新社会人1名と

 

 

4月1日より設計部に本採用となる1名が本日より入社となります。

 

 

入社おめでとう。

 

いつもこの機に思い願う事、先輩の皆さん先輩は先輩らしい身なりや所作

言動、そして知識の伝承、思いやりを待ってください。

 

 

18歳と言えば先輩にとっては弟であったり、子供であったりする年頃です。

色々な意味で成長させるのも、そうならなくなるのも全て先輩の力です。

 

 

純白な心に色付けをし、どちらから見てもピカピカと光る宝のような青年

そして社会人になるよう願います。

 

 

 

お父さん、お母さんからもらった大切な、大切な人生です。

希望をもって、働きましょう!

 

 

 

そして一日も早く、成長する皆さんの姿をを楽しみに待っています。

 

 

    

 

 

 

 

 

社長の日常2018/12/25

感謝

社長の日常2018/12/18

2018年

今年も余す所13日となりました。先般、あるお寺の

高僧がこの一年を一文字で『災』と表現していました。

正に天災で日本中泣かされた年だったと言う事でしょう。


年の初めには豪雪、夏には西日本豪雨、秋には各地の台風

そして、北海道 厚真地区の地震と。日本各地に一年を通して

莫大な被害が発生し、今もその傷跡禍根が見受けられられます。

そんなわが身を振り返れば家内安全、無病息災、商売繁盛…

と年の初めに初参りで願った事、数々ありました。

日々を重ねる中、この願いを忘れる事無く、大きな努力をしたのか

小さな努力をしたのかは自分では分かりませんが、ともあれ大きな

災いも無く、事件、事故も無く今日まで過ごせた事。

この身ある我が身、前述した漢字一文字で表すとしたら、とても一文字

では表し切れない。何故なら、自分を取り巻いてくれいてる多くの皆さん

が居る、そしてその人達からお世話を貰っている。それを忘れてはならない。

その気持ちを表すとしたら二文字『感謝』です。

社長の日常2018/05/07

つぶやき

春夏秋冬 光陰 矢の如し

 

季節(とき)、自然のサイクルは気が付けば『アッ!』と言う間に一巡します。

ついこの前に雪が解け、冬の終りを告げたと思いきや、三月、四月も

いつの間にか早過ぎ五月 田植シーズン真っ盛り。

 

 

時には夏日も『チラホラ』入道雲らしきもので、『夏ももうすぐ近くよ。』

と顔を見せ、その後には またもや秋・冬と列を成してそう。

 

 

世の皆さんはこの自然の規則の移り香を何んと感じますか?

 

 

平凡な私はこう思います。

 

 

規則正しく間違い無く移り行く自然の力と動きの有るこの日本に

『生』を営む事の出来る、そしてこの不思議な法則に、これ迄も

これからも順応出来、生きられる我が『体』に素直に『ありがとう』

を忘れない。

 

 

 

 

 

『今日の一句』

背中掻く

優しさ感ず

孫の手に

 

 

 

社長の日常2018/02/13

つぶやき

お客様皆様へ

 

 

この度の大雪につきまして、多くの皆様方からのお見舞いのお言葉を

頂戴し厚くお礼申し上げます。

 

 

今回の大雪は当地としましては、以前から言われています38豪雪

(昭和38年に発生)や56豪雪(昭和56年に発生)

 

そして平成に入ってからの二度目の大雪となりました。

 

 

お取引頂いていますお客様、多くの皆様方から温かいお見舞いや

ご心配、心温まるお言葉を賜り重ねてお礼申し上げます。

ありがとうございました。

 

 

皆様方への納品発送の遅延を起こしました。

誠に申し訳なく深くお詫び申し上げます。

 

 

 

お陰様で大きな雪害も無く、この雪も小康状態で落ち着き始めたようです。

 

温かいお言葉を支えに今後も皆様と共に歩んで参りますので

続けてお付き合いをお願い申し上げます。

 

 

 

                                                                   精研工業株式会社 

                                                                      代表取締役社長 20161219113647_00001

                                                                       社 員 一 同

 

 

社長の日常2018/02/05

つぶやき

 

 

昨日言われていた今日の天気。

夜が明け今朝からこの予報が大当たり。

 

私が住む石川の地は風強く降りしきる雪の中では外出も

ままならず時空間を持って遊ぶ日となる。

 

そんな時「フッ」と目について手に取ったのがある詩人の

単行本である。

早速5~6分程ページを開いて行くと、今日の雪模様から人間の

心模様とか心の四季とかを詠み取れる内容ではないかと感じ皆さん

にその内容を紹介します。

 

 

 

雪の日に 吉野弘  


雪がはげしく ふりつづける
雪の白さを こらえながら

欺きやすい 雪の白さ
誰もが信じる 雪の白さ

信じられている雪は せつない

どこに 純白な心など あろう
どこに 汚れぬ雪など あろう

雪がはげしく ふりつづける
うわべの白さで 輝きながら
うわべの白さを こらえながら

雪は 汚れぬものとして
いつまでも白いものとして
空の高みに生まれたのだ
その悲しみを どうふらそう

雪はひとたび ふりはじめると
あとからあとから ふりつづく
雪の汚れを かくすため

純白を 花びらのように かさねていって
あとからあとから かさねていって
雪の汚れを かくすのだ

雪がはげしく ふりつづける
雪はおのれを どうしたら
欺かないで 生きられるだろう
それが もはや
みずからの手に負えなくなってしまったかのように

雪ははげしく ふりつづける

雪の上に 雪が
その上から 雪が
たとえようのない 重さで
音もなく かさなってゆく
かさねられてゆく
かさなってゆく かさねられてゆく

 

 

 

この詩を読んだ後、現代社会を振り返り見るに

何か、いつも背中から押され無理矢理 足を前に

運ばされている。

又、前からは無理矢理引っ張られて 足を動か

されている。そんな無形の力が存在する感がしました。

 

もう少し心に余裕を。そして身体が喜ぶ空間間が有っても

良いのでは。と思ったひと時でした。

社長の日常2018/01/09

新しい年に 思う事、、、、、。

初夢を

 

叶え見せよう

 

この年に

 

 

新年明けましておめでとうございます。

 

わが身、年を重ねて70歳になろうとする今迄幾度となく初夢を見たり

「一年の計は元旦にあり。」との言葉を実践しようと挑戦。

 

省りみて一寸 自画自賛ではあるが、ポジティブな性格からして挑んだ

事の内80%位の達成感かな、、、? と 思う今日この頃である。

 

さて、年明けて平成30年新しい年に我れ何を思う....。

社会人、職業人として、この道一筋45年、前を向き 只、直走り

気がつけば69歳となるわが身。

会社(事業)も二代目を継ぎ、従業員にも恵まれ大きく姿・形を変え

社会からも認められる存在に。

 

一個人としても家庭を持ち、家族を成し孫達も同じ屋根の下で寝食

を供に出来る至極当たり前の事が当たり前に出来ている。

この事が幸せに感ぜずには居られない。

 

さて、この先自分の僅かな3つの 度量・器量・裁量に力を無理せず

後輩に繋げていく事こそ我が夢仕事の始まりと覚る。

それを叶え その喜びを振る舞い分かち合えば、人生の極みと思う。

 

「心に優しく綺麗な花が舞い踊る。」

 

そんな一年にしたいと思う者である。

そして生を供にする家族を初めとし、日々支えてくれる皆さんに感謝

の念を忘れない。

 

「ありがとう」を......。

 



PAGE TOP