精研工業のスタッフブログ

スタッフの日常2019/07/17

第154回 精研俳句の会( ..)φ

みなさんこんにちは!!

精研俳句の会 事務局です!!

本日も最後までお付き合いくださいませ(#^.^#)

 

 

ひまわりが

西から東

勘ちがい

暑さ悶(もだ)えて

あれっ?ぎゃく廻り

作:照一

 

 

 

毎月の呼び方、色々。

七月は文月(ふづき)、孟秋(もうしゅう)、初秋(しょしゅう)、七夕月(たなばたづき)。

八月は葉月(はづき)、仲秋(ちゅうしゅう)、月見月(つきみづき)と。

どちらにしても七月・八月は暑さは年の内一番は当たり前。

真夏が大好きな夏の花「ひまわり」だけは、私の季節と喜び

大輪を咲かせて日向(ひなた)を呑む事しきり。

それにしても猛暑日、気温も35度以上ともなると、流石か

太陽の陽が東から西に移動するにつられ、動くから

「ひまわり」「向日葵」と言われる所以(ゆえん)。

しかし、中には暑さに悶えて西から東へ太陽に逆らう「ひまわり」も有るやも。

 

 

 

 

 

 

夏娘

彩(いろど)り 爽(さ)やか

波しぶき

作:照一

 

 

 

夏のレジャーと言えば日中は炎天下の元、浜辺でパラソルの乱舞

老いも若きもカラフルな水着(今では古い呼び方かも・・・あっ思い出した

ビーチウェア?)で足の入れようも無く海辺を楽しむ人、人、人で

溢れかえるのが当たり前。

しかし今は時が変わり、夏は海水浴が定番と言う過ごし方も

今は昔になった事かも。

現代社会、遊び方、楽しみ方様々。

さあ、皆さんは、これからの暑い夏どの様な過ごし方で気分転換をしますか?

余り無理をせず軽~い疲労感を覚える位に、程々にするのが良薬かと。

お出掛け行ってらっしゃ~い!!

 

 

 

 

どの作品も今の季節にピッタリでしたね

来週もお楽しみに~(^o^)丿

 


PAGE TOP