精研工業のスタッフブログ

スタッフの日常2019/08/21

第158回 精研俳句の会( ..)φ

みなさんこんにちは!!

精研俳句の会 事務局です!!

本日も最後までお付き合いくださいませ(#^.^#)

 

 

 

球が飛び

応援歌 飛ぶ

汗も 飛び

作:照一

夏の甲子園、第101回全国高校野球選手権大会の始まり。

此の場所、此の土を踏み、躍動したいが為に、どれだけの研鑚を積んできたであろう

この球児達にまずは「おめでとう」を。

黒く日焼けし、きりっと凛凛しく締まったその顔には、ここ迄来た自信と

喜びがみなぎっているではないか。

多分幼児の頃から楽しみ励んで来たこの野球、その晴れ舞台、今始まる。

さあ、投げ!!打て、追え、走れ!!

そこには歌も飛び、汗も飛ぶ。

青春のドラマの始まり。

 

 

 

 

白球の

走る向先(むこさき)

声も飛ぶ

作:照一

連日連夜?いやいや連日続く息詰まる高校野球。

「ピッチャー投げました、カキ~ン!!

バッター打ちました、打ちました。高く飛んだ、飛んだ!!

入るか、入るか!!外野手走った、走った!!」

とはテレビ中継アナウンサーの興奮の声。

応援するスタンドの声も天を突き刺すが如く大声援が飛ぶ。

どちらが勝っても負けてもその先、大きなドラマの結末が。

青春の1ページ、一点の曇りも無し。

頑張れ球児!!

 

 

 

 

一点差

笑顔 泣き顔

分かれ道

作:照一

 

高校球児なら誰もが甲子園の土を踏む事を夢見るのが当たり前。

いやいや球児だけでは無く、マネージャー、コーチ、監督、部長

関わる者皆心は一つ。

目指す者全て、ストーリーの無いドラマ作りの作者であり、演者である。

「一挙一動」「感動・感激・感涙」の物語かな。

青春万歳!!

 

 

 

 

明日、8/22(木)はとうとう決勝戦ですね。

高校球児が全力で戦う姿はこちらもパワーをもらいます。

応援する方も、熱中症対策を万全に楽しんでいきたいものです。

 

 


PAGE TOP