精研工業のスタッフブログ

スタッフの日常2019/08/27

第159回 精研俳句の会( ..)φ

皆さんこんにちは!

今週も高校野球にちなんだ俳句をお届けします!!

お付き合いくださいませ(^^♪

 

 

 

グラウンドが

笑顔 涙の

塗り絵かな

作:照一

高校野球全国大会もやがて後半戦。

勝つも負けるも感動の二文字の積み重ね。

思い過ごしかも知れないが、勝利チームのベンチ前の砂は

白く乾いて喜び舞い上がり、残念にも負けたチームの

ベンチ前の砂は、涙に濡れ、心なしか黒ずんでいるようにも。

人の心の内を、自然も何か読み取っているようにも。

こんな風に詠み取るのも、私自身の心の小ささから感じるのかも。

 

 

 

 

 

 

甲子園

共に白球追う

入道雲

作:照一

 

 

空高くから「弾(はじ)け球児 青春を。」とエールを送っているが如く

スタンドの応援の声と共に、打てば声、走れば声

つられて入道雲も白く大きく広がる白銀の姿。

勝っても負けても共に空から応援団。

頼もしきかな。

 

 

 

暑い中、どの高校も本当によくがんばりました!!

甲子園の土を踏んだことは今後の人生の糧となり、自信に繋がることでしょう。

選手の皆さんをはじめ、素晴らしい応援を繰り広げた皆さん、 本当にお疲れさまでした。


PAGE TOP