精研工業のスタッフブログ

スタッフの日常2020/02/19

第183回 精研俳句の会( ..)φ

みなさんこんにちは!!

精研俳句の会事務局です(#^.^#)

今日も笑顔で作品のご紹介をしていきたいと思います!!

 

 

あるある!と納得する川柳から、 クスッと笑える川柳まで。

隙間時間にお楽しみ下さい!

 

 

 

陽射(ひざ)し 浴び

霜ばしら

ひかり発(た)ち

作:照一

暖冬と言われ、平均気温も高め、高めの此の二月も半ば。

と言い乍らもやっぱり冬は冬である。

三寒四温繰り返す今日此の頃。

暖かい時は朝5℃と、冷え込んだ朝はマイナス1℃となる日も。

つい二・三日前には珍しく冷え込み、吐く息白く、又その寒さも

顔に痛く刺さる感が強し。

底冷えの陽射し一筋が霜を照らし、それをグッ!!と呑み込み

「俺の出番」と言わんばかりに「ピカリ」と光放つ爽(さわ)やかな朝ドラでした。

 

 

 

 

 

 

悩ましや

コロナ俗塵(ぞくじん)

誰や狩る

作:照一

 

暖冬著しく、それにしても毎年流行するインフルエンザに

気を付けなくてはと、早めにマスクを少し買っては置いていた

ものの、何んと新型コロナウイルスなる異なる物が大流行。

少し準備していたマスクがあっと言う間に無くなる始末。

この世間に煩わしさを撒き散らす魔物を人間の英知を結集し、

逸早(いちはや)く退治して欲しいと願う者である。

 

 

 

 

今日も読んで頂きありがとうございました(#^.^#)

来週もまた、この時間にお会いしましょう!!

お楽しみに~(^O^)/


PAGE TOP