精研工業のスタッフブログ

スタッフの日常2020/06/10

第198回 精研俳句の会( ..)φ

みなさんおはようございます!!

精研俳句の会 事務局です!!

あるある!と納得する俳句から、 クスッと笑える川柳まで。

今週の句も一寸過ぎてはいますが、5月の初旬頃の詠となっております。

どうぞ、お楽しみください。

 

 

年に

軒下 つばめ

ホームステイ

作:照一

 

時は五月、一昨年も昨年も、そして今年も又忘れずやって来る春の使者。

遠くいずれの地から迷わず(?)飛んで来るやら燕が三羽・五羽と

我が家の軒先に羽根を休めている。

今年も気に入ってくれたのか「ピーピーピー」の挨拶がてらの

鳴き声が耳に心地良い。

良くぞ来てくれたと迎え入れ、何かおもてなしをと思うも

燕の気持ちを量れないのが何んとももどかしい限りである。

せめて「軒下、自由に出入りを」と、言い度い者である。

 

 

 

 

燕が巣を作るお家は縁起がいいと言われていますね。

居心地の良い環境を選んで巣を作るわけですから、安全面や温度湿度を考えてもいい家と言えます。

確かに自然の摂理に適った家は風水的にも良いみたいですし、総じて縁起がいいと言われるのも納得です。

福を呼ぶためには、家を綺麗にしておくこと、 特に玄関を綺麗にすることが大切ですね☺

 

来週もまた、この時間にお会いしましょう!!

お楽しみに~(^O^)/

 

 


PAGE TOP